ドレスをレンタルする   no comments

Posted at 4:52 am in

女性は結婚式、お祝い、などのフォーマルな場所に着ていくものを選ぶのは大変なことです。男性のようにとりあえずスーツ、もう少しフォーマルならタキシード、とパターンが決まっているなら、選ぶ手間はほとんどかかりません。着物を着ていくという考えもありますが、それもパーティーの格式によって、着物の種類が変わります。洋服であれ、着物であれ、女性は正式な場所に出るときの格好を決めるのは大変面倒なことだと思います。最近はキャバドレスであれ、着物であれ、レンタルが主流だと思います。ドレスでも、着物でも、頭の先から、足の先までのコーディネートを考えなければいけません。着物を着る際は、アクセサリーはほとんど要りませんが、着物、帯、帯止め、かばん、ぞうりが必要です。洋服なら、アクセサリー、かばん、靴が必要になります。ドレスなら最近は、総てがトータルコーディネートされたレンタルがあります。プロのスタイリストが、幅広いアイテムの中から、全体がバランスよく見えるアイテムをセレクトしコーディネートしていものがレンタルできます。また、髪もメイクもプロのヘアー、メイクアップアーティストが、そのコーディネートにあわせて、髪もお化粧もしてくれ、まさにトータルコーディネートです。正式な場所に出る際には、ぜひ利用したいサービスだと思いますね。

洋式の結婚式に参列する場合のドレス選びについて考えよう

洋式の結婚式に参加する場合、どんなドレスで参列しようか迷う事があります。参列する女性にとってドレスは、フォーマルな装いだけでなく、場に華やかさを与える役割を持っています。もちろん、着てはいけないマナー違反の服装や色はありますが、これらを考慮しながら、洋式の結婚式に参列するのも大切です。ドレス選びのポイントとしては、真っ白や真っ黒の物は避けると同時に、下品な色と思えるような物も避ける事が重要です。またベージュでも、薄い色の物は一見して白と思われがちなので、なるべく濃い色の物にする方がいいです。遠くから見ると白色であったり、写真で見ると白に見えるような物も避けた方がいいです。どうしても着たいという人には、ボレロや小物などに濃い色やアクセントを付ける方がいいです。今では洋式の結婚式を挙げる人が多くなってきており、参列者も様々な服装の人が多く見受けられます。会場内を少しでも華やかさにする事ができるのは、女性の服装です。あまり派手になりすぎないよう気を配りながら、結婚式に参列する方がいいです。購入する際にコーディネートで困るようならば、お店の人に聞くなどして、参考になるコーディネートをしていく方が効果的です。

Written by admin on 1月 31st, 2013